スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜ハートで







  HOUND DOG  の 名曲 。


専門学校時代、同じクラスに
HOUND DOG ・ BOØWY のコピーバンドをやってるのがいて
お互い 無類の音楽好きということで 大変気が合っていた。
 

ある日その彼が、かな~り深刻な顔をして 頼みがあると言ってきた。
おもむろに楽譜を見せられ (・・???
見ると 譜面の上部に『 ff 』とある。
さらに良く見ると 「 HOUND DOG 」の文字。


「 あのさ、キーボードやってくんない(;。;)」


ときた。


確か彼のバンドには すでに音楽事務所に所属の
プロ級キーボーディストがいるはず・・・
どう言うこっちゃ(・・? 
ケンカでもしたんか(・・??
聞くと
中々気の毒な話で。。。
(その時業界の恐ろしさを身近に知った)


気持ち的には 二つ返事でOKしたいところだったが
HOUND DOG はあまり良く知らないし
何よりも、その人の代りが務まるとは 到底思えなかった。

地元にいた時は 長くピアノを習っていたけど
バンドでキーボードの経験は無かったから
まるで自信がなかったのだ。
正直にその考えを伝えると



「大丈夫だから。そんな深刻に考えるなよ^^」


と お気楽な答え。


正直、HOUND DOG あんまり好きじゃないし~ とか言ってみても


「じゃぁさ、これを機会に好きになれば^^?」


くらいなことを言われ
最終的には 拝み倒される勢いで・・・
しぶしぶOKしてしまったのである。


翌日から 怒涛のような彼のHOUND DOG攻撃が始まった。
数本のカセットテープと楽譜
学校の交流舎へキーボードを持ち込む
他のメンバーとの顔合わせ
授業中にはHOUND DOGについて熱く語るメモが回ってくる
などなど・・・
2週間ほどこんなことが続き
いよいよスタジオを借りての練習が始まった。


逃げたくなった。
アマチュアとはいえ、大変クオリティーの高いバンドだったのだ。


ドラマーもベーシストもギタリストも
それぞれバイトをしながらミュージックスクールに通っていた。
私が断念した道を 彼等は地道に歩いていた。


恥ずかしくもなった。


例の彼がボーカルだったが 
それまで一緒にカラオケにも行ったことがなく
生歌を聴いた時は、
「アンタがプロになるべきだ・・・」と思った。


前フリが長くなったが
実は この曲に一番苦労させられた(^^;ってことが言いたかったので。。。
 


「他の曲はナリでいいから
この曲だけは箕輪タッチで マジ弾きしくれ」


と言われたから。


箕輪タッチって 何だよぉ~~~(;0;)
泣きのキーボードって 何だよぉおおお~~~(;0;)!


ある専門校の学祭で、間奏を弾き終わり間際拍手を貰って
ボーカル君がガッツポーズをしてくれた時の
あの嬉しさは 忘れられない。
思い出深い一曲なのだ。






  ♪ 今夜ハートで ♪






















 
  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

NIGHT PASS - M I N A

Author:NIGHT PASS - M I N A
性別 : 女性
誕生日 : 2月2日
血液型 : A型
好きな色 : 黒 ・ 紫 ・ 紫に近いピンク
敬愛する人 : 柴山 和彦さん
大好きな人 : 上領 亘さん
大好きな俳優 : 福士 誠治さん
好きな作家 : 京極 夏彦さん
好きな漫画家 : 浦沢 直樹さん
: 石渡 治さん
好きなこと : 歌うこと ・ 掃除
嫌いなこと : 料理
宝物 : CD ・ DVD ・ ビデオ ・ 本

最新記事
最新コメント
カテゴリ
お友達ブログ
月別アーカイブ
最新トラックバック
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。